平成18年度後期日本リーグで準優勝。

平成18年11月11日、15日、20日~23日、千葉ポートアリーナ他にて平成18年度後期日本リーグが開催されました。
11日のホームマッチでは悪天候の中を約600名の方に観戦いただき大声援の後押しもあってサンリツに3-2で勝利しました。
15日の日本生命とのアウェイマッチは0-3で敗れましたが、ホーム&アウェイを終えて1勝1敗で本大会に入りました。
20日からの千葉大会では日立化成に3-1で勝利すると、その勢いで順調に勝ち星を重ね6勝1敗の2位でプレーオフに進出しました。
準決勝はサンリツに3-2の接戦で勝利し、決勝戦はアウェイマッチで0-3と完敗している日本生命に対し第5シングルスまで持ち込みました。
第5シングルスはゲームオールの大接戦で惜敗しましたが来期に望みを繋いだ好ゲームでした。

今大会はシングルスで6勝、ダブルスで8勝チームを牽引した田勢美貴江キャプテン。

中国籍選手との対戦が多かったがねばり強く頑張った西飯由香選手。

決勝戦でシングルス、ダブルスで2点をあげた潮崎由香選手。

大声援のもと、日本生命に食い下がった河村安紀選手。