会社でも家庭でも柱になる年代。でも、そろそろこの先のことを考えて資産をふやしていきたい。
家族として、お金を使う場面が多くなります。その一方で、徐々にご自身のこれからについて考えていきましょう。
子どもの教育に必要なお金
年代ごとのまとめページへこのページのトップへ
  • 本サイトはお客さまがライフイベントにおける必要額の目安を確認する際にご使用いただく補助資料であり、考え方の一例をご案内するものです。
  • 本サイトに記載されているデータは、公表されている情報に基づき構成されていますが、内容の正確性・完全性については保証するものではありません。

平成26年4月1日現在