睡眠預金(休眠預金)についてのご案内戻る

当行では、一定期間ご利用がない預金を「睡眠預金」(休眠預金)として、別口座で管理させていただいております。
睡眠預金となる基準や事前の通知の方法は預金種目により異なります。以下、お問い合わせの多い普通預金についてご案内します。

普通預金の場合、以下の場合に「睡眠預金」となります

  • ご預金の最終取引日から5年を経過し、通知を預金者の方に郵送しても届かない残高1万円以上の口座
  • ご預金の最終取引日から5年を経過した残高1万円未満の口座(残高1万円未満の場合は通知を郵送しておりません。)

「最終取引日」とは?

  • 最終の異動日(利息の元加日を除く)または通帳への最終記帳日を最終取引日としています。

通帳・キャッシュカードはどうなりますか?

  • お手元の通帳・キャッシュカードはご利用できなくなります。

お支払いの手続きについて

  • 睡眠預金のお支払い手続きには、「通帳」「お届印」「運転免許証等の本人確認書類」が必要となります(その他の書類をお願いする場合もございます)。
  • 睡眠預金をお調べするのに、時間(日数)がかかることがございますのでご了承願います。

日常の口座管理についてのお願い

  • 通帳は定期的に記帳してください。
  • ご住所やお名前が変わったときは、すみやかに所定の変更手続きをお願いします。
  • 使わなくなった通帳は、解約の手続きをお願いします。