災害対策への想い

近年、日本各地では台風や大雨等の
自然災害が相次いで発生し、
当行の地元でも大きな被害に
見舞われることが続きました。こうしたことから、
「災害発生時にお困りの方のお役に立ちたい」
「日頃から防災意識を高めて災害に備えたい」
と強く想い、
地元岐阜で製造されたメイドインギフの
「地域応援車両」1台と「緊急災害対策車両」2台を
導入いたしました。
新型コロナウイルス感染症の対策においては、
今まで以上に地域やお客さまと向き合い、
必要とされる金融サービスを可能な限り
提供するよう最善を尽くしております。
十六銀行グループは、災害時においても
地域の重要なインフラとしての
責務が果たせるよう努め、
「ともに地域の未来を創造し、ともに持続的な
成長を遂げる総合金融グループ」を
目指してまいります。 

様々なイベント会場で

ATMや相談ブースなどの銀行店舗機能をご提供いたします。防災イベントには積極的に出動し、地域の防災意識を高めてまいります。

避難所などでの銀行業務

銀行店舗機能のご提供に加えて、携帯電話の充電や衛星電話など、災害の発生でお困りの皆さまにご活用いただけます。

車両の特徴

地域応援車両

※岐阜車体工業株式会社(本社:各務原市)さまの
製造ラインで製造された車両です。

※岐阜車体工業株式会社(本社:各務原市)さまの
製造ラインで製造された車両です。

  • ご相談ブース

    ご相談ブースにて、ローンや預り資産などのご相談に担当者がお応えします。

  • ATMによる
    現金の入出金

    搭載されたATMにより現金の入出金、残高照会が可能です。

  • AEDを搭載

    緊急救命が必要な場合に備え、AED(自動体外式除細動器)を搭載しています。


緊急災害対策車両

※当行本店ビル(岐阜市)と名古屋ビル(名古屋市)に
1台ずつ配備しています。

※当行本店ビル(岐阜市)と名古屋ビル(名古屋市)に
1台ずつ配備しています。

  • ディーゼル発電機に
    よる電源の供給

    携帯電話の充電など生活に必要な電源の供給が可能です。

  • 衛星電話による
    通信手段の提供

    震災時における固定電話・携帯電話など通信手段確保のために、衛星電話を配備しています。

  • AEDを搭載

    緊急救命が必要な場合に備え、AED(自動体外式除細動器)を搭載しています。