つみたてNISA

「つみたてNISA」とは、長期の積立・分散投資を通じた資産形成を後押しするための少額投資非課税制度です。
NISAと同様に投資した値上がり益や配当金・分配金にかかる税金が非課税となります。NISAと異なる点は非課税投資枠が年間40万円で、投資期間が最長20年という点です。

投資信託口座 投資信託口座

※つみたてNISA口座の開設には、通常の投資信託のお取引に利用する投信口座(特定口座または一般口座)の開設が必要となります。

取引で得た利益に
税金がかかりません

投信口座(特定口座または一般口座)で投資をすると、
取引で得た利益に20.315%の税金が課せられます。

投信口座(特定口座または一般口座)で投資した場合… 投信口座(特定口座または一般口座)で投資した場合…

つみたてNISAの場合

つみたてNISAの場合 つみたてNISAの場合

つみたてNISAの
非課税期間について

つみたてNISA口座を開設しても、非課税期間がずっと続くわけではありません。つみたてNISAの非課税期間について、しっかりと理解しておきましょう!

つみたてNISAの非課税期間について つみたてNISAの非課税期間について
  • 毎年、上限40万円での投資信託の購入が可能です。
  • その年の購入枠は翌年に繰り越すことはできません。
  • 購入した投資信託は購入した年から20年間、売却益、分配金が非課税になります。

つみたてNISAのメリット

つみたてNISAならではのメリットがあります。

  • 投資に慣れてなくても安心

    投資対象商品は、購入時手数料無料、信託報酬が所定の水準以下など、一定の要件を満たすものに限定されています。ある程度限られた中から、ご自身に合ったものをお選びいただけます。

  • 少額から投資が可能

    非課税投資枠は40万円までです。毎月約3万円までの投資となりますので、気軽に購入いただけます。

  • 毎月一定額ずつ、定期的に積立

    「1ヵ月に1回」のように、定期的かつ継続的に投資しますので、高値掴みなどリスクの軽減が期待できます。

非課税期間終了後の
取扱方法

つみたてNISAの非課税期間である20年間が過ぎてしまった場合、つみたてNISA口座にある投資信託はどうすれば良いのでしょうか?

非課税期間終了後の取扱いは、2つの方法から選択できます!

  • 投信口座(特定口座または一般口座)に移す
  • 売却する

資産運用に関するご相談・
金融商品仲介に関するお問い合わせ

0120-438-016

受付時間 / 月~金 9:00~17:00 土・日・祝日 10:00~17:00
       (12/31~1/3および12/31~1/3に接する土・日を除く)

  • 資産運用相談ラウンジ

    資産運用のご相談を専門に行う、新しいスタイルの店舗で専門スタッフがご相談にじっくりお応えします。

    PLAZA JUROKUのご案内
  • 店舗検索

    店頭でも随時ご相談を承っております。お近くの店舗へお気軽にお問い合わせください。

    店舗検索はこちら
  • ご来店予約サービス

    ご来店の際は、事前の来店予約が便利です。

    ご来店予約はこちら