沿革

明治

10年 10月 第十六国立銀行創業
29年 12月 株式会社十六銀行と改称

昭和

6年 4月

本店を岐阜市中竹屋町から現本店所在地の神田町に新築移転

9年 11月 外国為替業務を開始
26年 12月 名古屋支店を開設
28年 4月 資本金を4億円に増資
7月 東京事務所を設置
31年 4月 東京支店を開設
35年 3月 資本金を8億円に増資
4月 大阪支店を開設
44年 4月 資本金を24億円に増資
 10月 名古屋証券取引所第二部上場
46年 6月 資本金を40億円に増資
47年 6月 事務センター竣工
9月 東京証券取引所第一部上場
48年 4月 資本金を57億7千万円に増資
50年 7月 全店総合オンライン完成
9月 資本金を75億1百万円に増資
52年 4月 海外コルレス業務を開始
新本店竣工
10月 創立100周年
53年 4月 資本金を78億7千6百5万円に増資
54年 12月 総預金1兆円達成
56年 10月 資本金を100億円に増資
57年 7月 第2次オンラインシステム完成
8月 コルレス包括承認銀行に昇格
58年 4月 公共債の窓口販売開始
60年 6月 債券ディーリング業務を開始
61年 12月 資本金を132億円に増資
62年 1月 香港駐在員事務所を設置
9月 総預金2兆円達成
10月 創立110周年
第1回無担保転換社債の発行

平成

元年 6月 香港支店を開設
10月 中間発行増資総額120億円
2年 3月 総預金3兆円達成
3年 3月 中間発行増資総額83億円
5年 3月 上海駐在員事務所を設置
5月 第3次オンラインシステム完成
7月 十六ビル竣工
11月 代理店方式による信託業務参入
6年 3月 名古屋ビル竣工
7年 10月 中間発行増資総額151億円
12月 東京三菱証券と社債関連業務に関する包括提携
8年 10月 「じゅうろくローンサービスセンター」を開設
9年 8月 十六地域振興財団設立
10月 創立120周年
10年 4月 全支店で外貨両替業務を開始
12月 証券投資信託の窓口販売開始
11年 1月 テレホンバンキング業務を開始
11月 電算センター竣工
12年 3月 十六フロンティア投資事業有限責任組合設立
7月 名古屋銀行と業務提携検討開始
13年 4月 保険商品の窓口販売開始
5月 ISO14001認証取得
11月 中部金融M&Aネットワーク発足
16年 4月 ブロック制スタート
17年 3月 証券仲介業務を開始
19年 7月 地銀共同化システム稼動
10月 創立130周年
21年 1月 岐阜銀行と業務資本提携契約締結
22年 12月 岐阜銀行を株式交換により子会社化
総預金4兆円達成
23年 4月 第12次中期経営計画スタート
名古屋支店を名古屋営業部へ昇格
24年 9月 岐阜銀行との合併
12月 預金等残高5兆円達成
25年 6月 株式会社十六総合研究所を設立
26年 4月 第13次中期経営計画スタート
27年 3月 シンガポール駐在員事務所を設置
バンコク駐在員事務所を設置
28年 4月 外貨両替ショップを開設
29年 4月 第14次中期経営計画スタート