外国為替取引に関する基本方針

1.序文

  1. この外国為替取引に関する基本方針(以下「本基本方針」といいます。)は、株式会社十六銀行(以下「当行」といいます。)がグローバル外為行動規範(※1)に則して外国為替取引業務へ取り組むにあたり、お客さまにとって特に重要となる情報をご提供することを目的としています。
  2. 本基本方針は個人を除いたすべてのお客さまを対象としていますが、本基本方針の内容がお客さまと個別に契約・合意した内容と異なる場合、お客さまとの個別の契約・合意した内容が優先されます。
  3. 今後の当行との外国為替取引に関して、本基本方針をご確認いただきますようお願い申し上げます。

2.取引におけるお客さまと当行との関係

  1. 当行は外国為替市場のディーラーであります。従いまして、当行は、取引の価格提示、受注、執行およびその他の関連業務を行っています。
  2. 当行はお客さまと個別に取り決めを行った場合を除き、原則プリンシパル(※2)として外国為替取引業務に従事します。すなわち当行は、お客さまのエージェント(※3)、受託者もしくは金融アドバイザーまたはそれらに類似する立場において行動するものではありません。
  3. 当行は外国為替取引に関して、誠実に業務を履行し、また、外国為替市場に適用されるあらゆる法律、規則および規制を理解し遵守します。

3.取引執行

  1. 当行は外国為替取引に関して、誠実性、透明性および公平性をもって業務を履行するとともに、適時・適切なタイミングでお客さまに有用な情報を提供することで、お客さまの外国為替取引に関する理解を高められるように努めます。
  2. お客さまは、外国為替取引に関し、当行への連絡および発注手段として、電話、メールおよび電子プラットフォーム等を使用することが可能です。
  3. 当行はお客さまとの取引において、社外のベンダーが提供する電子プラットフォームを利用することがあり、当該プラットフォームの仕様に基づき、お客さまへ為替レートを提示します。
  4. 当行がお客さまの注文の執行(一部またはすべてを問わず)が完了したと判断したことをもって取引約定となり、マーケットリスクは、取引が約定されたタイミングでお客さまに移転されます。
  5. 当行は、お客さまの取引に関するご要望を満たすため、特に明確に合意されていない限り、お客さまの注文を他のお客さまの注文と同時に取り扱うか、時間順で取り扱うか、執行方法が電子取引かマニュアルであるか、注文を執行するかどうか、いつどのように執行するか、一部またはすべてを実行するかなどについて、合理的な裁量を有します。
  6. 当行は、お客さまの取引に関するご要望に機動的にお応えすることや当行自身のリスク管理を目的に、適切と判断する手法により、お客さまとの取引の前にカバー取引を行う場合があります(プリヘッジ)。当行がプリヘッジを行う場合、お客さまに不利益を与える、または市場を混乱させる意図は持たずに行います。プリヘッジは、当行が各取引においてお客さまに提示することができる価格およびお客さまの取引依頼を執行するための市場の流動性に影響することがあり、当行に利益や損失を及ぼすこともあります。
  7. リスク管理、流動性の確保またはその他の理由により、お客さまの指値注文等に近い水準で他のお客さまの取引が執行される可能性があります。他のお客さまの取引執行が為替レートに影響を与えることがあります。
  8. 当行の提示する為替レートは、様々な情報や需給・流動性・イベント・指標等を参照のうえ、総合的な判断により決定されます。また、お客さまは為替レートについて、当行にご照会いただくことも可能です。
  9. 別段の合意がない限り、お客さまの最終的な取引価格は、当行が引き受けるリスク、発生する費用および特定の顧客に対して提供するサービス等の対価として当行に支払われるべきスプレッドまたは手数料(以下、総称して「取引コスト」といいます。)を加えた価格(オールインレート)となります。取引コストを決める要素としては、通貨、金額、期間、市場環境(流動性やイベント)およびお客さまの信用状況・取引状況等があります。同一または類似の取引においても、お客さまの信用状況や市場環境等によっては、異なる取引価格となることがあります。当行は取引から得る当行の収益額およびオールインレートの内訳を開示する責務を負いません。指値注文の場合、市場実勢が指値価格に到達したとしても、取引コストを含んだレートでは到達していない等、注文が執行されないこともあります。

4.情報の取扱い

  1. 当行は、お客さまの情報の保護を非常に重要なものと考えており、管理ルールを適切に定め、その機密性および安全性の確保に努めています。ただし、監督当局等に対する義務の一環として、監督当局等から要請があれば、お客さまの情報を開示することがあります。
  2. 当行はお客さまの取引条件を、お客さまからの依頼に応えるためのヘッジ、リスク管理およびリスク軽減を目的とした取引の執行のために利用することがあります。執行された取引に関しては、リスク管理やマーケティング、取引のプライシング等の目的で分析に利用することがあります。
  3. 当行はお客さまの注文および執行された取引に関する情報を、適切に合算し匿名化、一般化したうえで、他の関連する市場情報とともにマーケットカラー(※4)として分析し、社内で共有または第三者に対し開示することがあります。

5.本基本方針の改定について

本基本方針は外国為替市場に適用される法律、規則および規制や当行を取り巻く環境の変化等に鑑みて、改定される可能性があり、本基本方針が改定された場合には、当行のホームページへ掲載することによりその旨を通知します。

  1. 国際決済銀行(BIS)における作業部会により、外国為替市場におけるグローバルで共通の行動規範として2017年5月に発効された行動規範。
  2. プリンシパルとは、自己の名義で取引を行う市場参加者のことをいい、オーダーに関連するマーケットリスク、信用リスク等のリスクを引き受けて行動します。
  3. エージェントとは、注文に関して自らはマーケットリスクを負わずに、顧客の指示に従い、顧客を代理して取引を執行する市場参加者をいいます。
  4. 市場の全体的な状況およびトレンドについて、市場参加者間で共有している見解。