保険見直しのポイント

生命保険を考えよう・見直そうと思ってもこんなことってありませんか?

どのくらいの保障が必要なのかわからない・・・
いつまで保障が必要なのかわからない・・・

生命保険を考えるうえで重要なポイントは3つです!!

1.「なんのために」必要なのか:生活費のため?教育費のため?お葬式代のため? 2.「どのくらい」必要なのか:1万円?300万円?1億円? 3.「いつまで」必要なのか:10年?30年?一生涯?

そんなとき、お客さまに万一のことがあった場合の必要保障額を算出することをおすすめします!!

一見難しく見える生命保険も、万一のことがあった場合の収支のバランスで考えていけば、「必要となるお金(必要保障額)」がわかります。

どんな保障が「①なんのために・②どのくらい・③いつまで」必要となるのか
目的にあった保障を、必要となる金額、必要な期間を考えてムダなく準備しましょう。
そのためにお役に立つのが「必要保障額の算出」です。

必要保障額算出の流れ

必要保障額のシミュレーション

万一のことがあった場合にのこされたご家族にとって必要となる「生活資金」や「住宅資金」、「お子さまの教育資金」等について、各種データを用いながら、お客さまの考え、想いをヒアリングさせていただきます。

必要保障額の推移にあわせた最適と思われる保険商品をご提案

さまざまな保険種類の中から、必要保障額の推移(カタチ)にあわせた最適と思われる保険商品をご案内いたします。

必要となる資金を考えるポイント
、保障のカタチ

保険の見直しや必要保障額シミュレーションについてご相談は十六銀行にお任せください お近くの店舗のライフプランコンサルタントがお一人おひとりのライフサイクルに合わせた最適なアドバイスをさせていただきます。 お問い合わせはこちらから

お電話からのお問い合わせ フリーダイヤル0120-438-016 受付時間 月~金 9:00~19:00 土・日・祝日 10:00~17:00(12/31~1/3および12/31~1/3に接する土曜・日曜を除く) 店舗検索 店頭でも随時ご相談を承っております。お近くの店舗へお気軽にお問い合わせください。 店舗検索はこちら

  • 上記ご案内は必要保障額算出の概要を説明しています。具体的な保険商品のご検討にあたっては、「商品パンフレット」・「設計書」等を必ずご覧ください。またご契約の際には「ご契約のしおり・約款」「ご契約に際しての重要事項(契約概要)」「ご契約に際しての重要事項(注意喚起情報)」を必ずご覧ください。
  • ご案内する各商品は生命保険であり預金などではありません。したがって、元本保証はありません。また、預金保険法第53条に規定する保険金の支払対象ではありません。