当行の基本理念

基本方針

  • 十六銀行は
    金融機関としての公共的使命を遂行することによって地域社会に奉仕する。
  • 十六銀行は
    広い視野に立ち、つねに合理性を貫き堅実な経営により発展をはかる。
  • 十六銀行は
    すべての職員が安定した生活ができるよう努力する。

経営方針

頼りにしていただける銀行(顧客、地域社会からの強い信頼)

当行が歩む道-それは地域社会を離れてはありえません。地域社会との緊密化を深め、豊かで住みよい地域社会を築くことが、当行に課せられた使命です。お客さまの立場に立って行動し、総合金融サービスの拡充に努めるとともに、地元企業の育成、地域開発への参画等地域中枢金融機関として、皆さまから一層頼りにしていただける銀行になるよう努力しています。

充実した銀行(収益力強化による強固な経営体質の創造)

お客さまのニーズに即応し、質の高いサービスを提供していくには、経営体質が強固でなければなりません。このため、収益力の強化、資産の健全性の維持に努め、リスク管理を徹底するとともに、経営全般にわたる合理化・効率化を推進しています。

行動する銀行(人づくり、組織づくりによる変革への挑戦)

激変する環境にあっても、金融機関としての機能を最大限に発揮する原動力は、高いモラールをもった活力ある人材であり、強靭な組織力であります。誠意を尽くし高度な知識をもって、皆さまのお役に立つことができる人材育成に取り組むとともに、変化に柔軟かつ的確に対応できる組織づくりに努めています。

行動指針

職場と人生

われわれは仕事を通じて社会に奉仕する。職場は自己を成長させ、幸福をもたらす場であるとの自覚に立ち、つねに最善をつくそう。

和の精神

信頼と協力は明るい職場をつくる。相たずさえて心からの和を誓おう。

信用の向上

銀行の生命は信用である。誠意をもって人に接し、熱意をもって仕事に当り、信用の向上に努めよう。

たくましい実行力

実行は明日を創造する。信念と勇気をもって仕事をすすめよう。

後継者の育成

後継者の育成はわれわれの責任であり誇りである。
明日の経営に自己を活かすことを考え、より良い後継者を育てよう。