じゅうろく地方創生「地域農業活性化セミナー」の開催について~農業ビジネスの可能性と今後の市場動向について~

2017年08月10日

当行は、農業に従事されている方、農業分野への参入を検討されている事業者の方、農業分野にご関心のある事業者の方、自治体の方を対象に『じゅうろく地方創生「地域農業活性化セミナー」』を 損害保険ジャパン日本興亜株式会社 岐阜支店、株式会社十六総合研究所の共催ならびに、ぎふアグリチャレンジ支援センター後援のもと開催しますのでお知らせします。

1.セミナーの概要

名称

じゅうろく地方創生
「地域農業活性化セミナー」~農業ビジネスの可能性と今後の市場動向について~

会場

じゅうろくプラザ 5階 小会議室(岐阜市橋本町1-10-11)

日時

平成29年9月19日(火)14:00~16:00(受付13:30~)

内容

<第1部>14:00~14:50
「農業経営を取り巻く現状と課題」  
税理士法人TACT高井法博会計事務所 農業プロジェクトリーダー 森本 学 氏 
<第2部>15:00~16:50
「外国人実習生の活用事例について」  
中部中小企業共栄会協同組合 常務理事 棚橋 功史 氏

主催

株式会社十六銀行

共催

損害保険ジャパン日本興亜株式会社 岐阜支店、株式会社十六総合研究所

後援

ぎふアグリチャレンジ支援センター

定員

30名

参加費

無料

対象者

農業に従事されている方、農業分野への参入を検討されている事業者の方、農業分野にご関心のある事業者の方、自治体の方

2.申込みについて

(1)平成29年8月9日15時より、当行ホームページ、FAXにて募集を開始しました。
(2)申込期限:9月14日(木) ※但し、定員になり次第締め切りとさせていただきます。

【開催趣旨】
農業は、これまで国の各種補助金・税制面での優遇措置・高率関税等各種の保護政策により支えられてきましたが、グローバル化の中で農作物の貿易自由化が要求されており、EUとのEPA交渉やTPPへの動向が注目されるなど、日本の農業にとって大きな変革期を迎えています。
こうした状況のなか、岐阜県は、将来に向けた県農業の維持・発展のため、多様な担い手のひとりとして、企業等の農業参入を促進するよう、本県農業が直面する諸課題に対応するための新たな基本計画である「ぎふ農業・農村基本計画」を平成28年度に策定し、就農相談から営農定着までをワンストップで支援する窓口として「ぎふアグリチャレンジ支援センター」を今年4月に新設しました。
当行は、昨年3月にめぐみの農業協同組合との連携協定締結や、昨年11月に開催した「第19回全国農業担い手サミットinぎふ」を契機とする取り組みに積極的に参加するなど、県内の新規就農と営農定着・経営安定化に向けた農業分野への支援を展開しております。
本セミナーは、官民連携により、当行取引先の農業参入へのニーズの掘り起こしを行うことで農業の裾野を広げ、農業の活性化をはかるべく開催するものです。

【損害保険ジャパン日本興亜株式会社との共催について】
当行は、損保ジャパン日本興亜と、平成24年より海外ビジネスサポートに関する業務提携を行っております。本件については、地方創生に向けた取り組みについても連携すべく実施するものであり、今後、セミナー参加者への農業支援を推進してまいります。

以  上