株式公開支援

株式公開のメリット・課題

メリット
  • 企業イメージ(知名度・社会的信用)の向上
  • 取引の拡大と情報ネットワークの拡がり
  • 内部管理体制の整備
  • 資金調達力の増大と多様化による財務内容の充実
  • 株式の資産価値の高まり、創業者利潤の実現
  • 優秀な人材の確保と社内活性化(モラル向上)
課題
  • 投機的取引や買い占め等の危険性
  • 株主、投資家への経営責任が重くなる
  • 企業内容の開示義務が生じる
  • 経理業務、株式事務などのコスト負担増
  • 社会的存在としての認識の要請

株式公開のための準備と検討事項

公開目標時期の設定と業績見通し

公開準備体制の確立

資本政策の策定・実施・見直し

社内内部管理体制の整備・充実

関係会社の整理

申請書類の作成

株券・株式事務代行機関の設置

1.株式公開全般に関する情報提供

株式公開の概要、新規公開の状況、同業他社の動向など各種情報提供を行い、株式公開の意志決定をサポートいたします。

2.資本政策の立案をサポート

公開時における株主構成、持株比率、発行済株式数などの目標を定め、今後の事業計画に基づいた、個社別でオーダーメイドの資本政策を策定する必要があります。
資本政策の立案・検討につき、客観的な立場からアドバイスいたします。

3.経営管理体制整備に関するサポート

公開会社は一定レベル以上の経営管理体制の確立が要請されます。この経営管理体制は、公開準備作業を通じて確立されていきます。
準備作業を担う「プロジェクトチーム」を設置する企業も多く、銀行として可能なお手伝いをいたします。

4.株式公開関係機関のコーディネート

株式公開の意志が固まった段階で、株式公開に係わる関係機関を決定し、専門的立場でのアドバイスを受け、計画的に準備を進めていく必要があります。
証券会社、監査法人、証券代行のご紹介をいたします。

  • お電話からの
    お問い合わせ

    法人営業部

    0120-0817-16