サプライヤー探索サービス®(逆見本市商談会)

®「サプライヤー探索サービス」は十六銀行の登録商標(第5910913号)です。

1.本サービスの主な内容

資材・調達・購買・研究開発・生産技術担当の皆さまへ

  • 銀行のネットワークを活用した、新しい協力会社の探し方があります。
  • キラリと光る技術を持ったサプライヤーを、岐阜県(104店舗)、愛知県(51店舗)・三重県(1店舗)を展開する銀行のネットワークで効率的に探せます。
  • 延べ商談数は2,000件以上に達し、このうち約27%が見積り依頼に発展する実績があります。

バイヤーとして・・・サプライヤー(協力会社)を効率的に探索できます。

地域金融機関として東海3県に158店舗を展開し、その情報ネットワークと取引先企業の情報を活用し、東海3県の有力なサプライヤー(協力会社)や、ユニークな技術や商材を持つ中小企業を効率的に探索することができます。
また、探索に関して情報料はかかりません。
ただし、バイヤーとしての参加においては、一定の審査がございます。

以下のようなサプライヤー探索ニーズに対応できます

  • 難加工や処理を発注したい
  • 二社購買・三社購買にしたい。
  • 小ロットや試作品製作ができる企業を探している。
  • 小回りのきく近隣の業者を探している。
  • 新しい開発パートナーを探したい
  • 未だ知らない名産品・特産品を探したい。
  • 生産性向上のためのパートナーを探したい。

スキーム図

サプライヤー探索サービス イメージ画像

  • いわゆる「逆見本市形式」の商談会です。
  • バイヤー企業が、発注したい部品・材料や、提案を受けたい分野についてのニーズや条件を、先に提示します。
  • 十六銀行は、広く取引先に、ニーズや条件を記した要項を、売り手候補(サプライヤー企業)にご案内します。興味を持ったサプライヤー企業は、エントリーシートを記入し、資料(会社案内、設備一覧または商品パンフレット)を添付して十六銀行に提出します。
  • バイヤー企業がエントリーシート等をもとに書類選考を行い、これに通過したサプライヤー企業が、個別商談に進むことができます。

サプライヤーとして・・・有力企業との個別商談ができます。

弊行のお取引先限定で、逆見本市形式(買い手が先に発注ニーズを提示する形式)の商談会を、ほぼ毎月2回のペースで開催しております。有力企業(セットメーカー、Tier1メーカー等)との個別商談のチャンスを継続的に提供しております。

開催回数

商談会回数延べ商談数
平成23年度 3 31
平成24年度 13 180
平成25年度 27 399
平成26年度 35 465
平成27年度 56 937
平成28年度 46 872
180 2,884

顕彰実績等

  • 当行の逆見本市商談会への取組みは、「平成25年度 地域密着型金融に関する取組みへの顕彰について」として、東海財務局より顕彰を受けました。
  • 金融庁の「金融機関等における中小企業に対する新規融資や経営改善支援等にかかる先進的な取組みや広く実践されることが望ましい取組み」の参考事例集に収載され、金融庁ホームページ上に公表されました。

メディア掲載実績等

2.サービス(商談会)の流れ

  • サービスには、通常の方式のほか、開始時点ではバイヤー企業さまのお名前を伏せた状態で募集を始める「ノンネーム募集方式」の2種類があります。
  • ノンネーム募集方式において、社名の開示はいわゆる「ネームクリア」後に行います。

3.ご注意事項

バイヤーさまへのご注意事項

  • 本サービスにおいて、弊行が関与するのは、サプライヤーとの商談のセットアップ(お引き合わせ)までです。弊行はそれ以降の具体的な商談内容や取引条件等にはいっさい関与いたしません。
    また、貴社が期待する能力あるいは取引条件を満たすサプライヤーが必ず見つかることを、弊行は保証する立場にはありません。
  • サプライヤーさまの信用力や商取引の履行能力について、弊行はこれを保証する立場にはありません。
    商談した企業と実際に取引を進められる場合は、自己の責任で信用調査をお願いします。
  • 本サービスによって商談を行う事実が、第三者に伝わった結果生じた不利益・トラブル等について、弊行は一切の責任を負いません。
    具体的には、貴社が新たなサプライヤーを探しているという情報が、既存のサプライヤー、あるいは、競合他社に伝わる可能性が想定されます。
    ※ノンネーム募集方式を活用すること等により、こうした情報が必要以上に拡散しないよう、一定の配慮を行うことができます。マーケット戦略チームにご相談ください。
  • そのほか、本件の商談会によって生じる権利義務関係について、参加者は自らの責任において決定するものであり、商談の成否、その他商談から生じる結果等は参加者に帰属するものとし、弊行は一切の責任を負いません。
  • ご面談においてバイヤーさまがサプライヤーさまを評価した情報につきましては、事業性評価等の目的に利用する場合がありますので、あらかじめご承知おきください。

サプライヤーさまへのご注意事項

  • 商談会は、エントリーシートによる書類選考を経て、バイヤー企業が面談を希望する場合にのみご参加いただけます。エントリーしても、書類選考の結果、商談に進むことができない可能性が十分にございます。
    あらかじめご了承ください。
  • 本サービスによって商談を行う事実が、第三者に伝わった結果生じた不利益・トラブル等について、弊行は一切の責任を負いません。
  • ノンネーム募集方式について、バイヤーが貴社の既存顧客であるかもしれません。この場合、その顧客との関係に齟齬が生じてしまう可能性もあります。プレエントリーすることにより、従来の商談会では起き得ないトラブルが生じる可能性があります。
  • そのほか、本件の商談会によって生じる権利義務関係について、参加者は自らの責任において決定するものであり、商談の成否、その他商談から生じる結果等は参加者に帰属するものとし、弊行は一切の責任を負いません。
  • ご面談においてバイヤーさまがサプライヤーさまを評価した情報につきましては、事業性評価等の目的に利用する場合がありますので、あらかじめご承知おきください。

【お問い合わせ先】

十六銀行 マーケット戦略チーム
(岐阜)法人営業部 地域開発グループ TEL:058-266-2523
(愛知)愛知営業本部 愛知営業グループ TEL:052-961-8761