セキュリティに関するお願い

ワンタイムパスワードについて不審なポップアップ画面について

不特定多数の方が使用するパソコンの利用について金融機関などを装った電子メールについて

ファイル交換ソフトについて金融機関を偽装して郵送されるCD-ROMについて

残高・取引明細の定期的な確認について前回のご利用日時の確認について

ワンタイムパスワードについて

セキュリティ強化のため、ワンタイムパスワードをご利用ください。

一度使用した「ワンタイムパスワード」は、次回サービス利用時には無効となり、万が一、パスワードを盗み見られた場合など、「なりすまし」による不正利用を防御します。

ワンタイムパスワードとは

ワンタイムパスワードとは、1回限り有効な使い捨てのパスワードであり、専用の端末(パスワードカード)を使って生成します。
パスワード生成後に一定時間(約1分間)経過すると無効になるため、第三者による不正利用のリスクを軽減させることができ、Biz-Jダイレクトをより安全にご利用いただけます。
ワンタイムパスワードは、サービス管理責任者や「実行・承認権限」「承認権限」を有する利用者の方がBiz-Jダイレクトにログインする際や予約振込等のお取引を実行または承認する際にご利用いただきます。

トランザクション認証とは

「トランザクション認証」機能とは、ワンタイムパスワードにおける強固なセキュリティ対策の一つで、当日振込(一部の振込予約を含む)の際にご利用いただきます。
当日振込(一部の振込予約を含む)の際、お手元のパスワードカードに振込先の口座番号をご入力いただき、ワンタイムパスワードを生成し、このワンタイムパスワードと振込先口座番号を紐づけすることで、お客さまが指定した振込先であるかを確認します。
これにより、近年確認されています、悪意の第三者が振込先口座の情報を勝手に書き換え、お客さまが意図しない口座に振り込んでしまうという犯罪を防止できます。

<「パスワードカード」イメージ図>

不審なポップアップ画面について

国内他金融機関にて、インターネットバンキングにログインした後に、偽物のポップアップ画面を表示させ、パスワードなどのお客さま情報を盗み取ろうとする事案が発生しています。
原因ははっきりしていませんが、利用するパソコンがスパイウェアに感染していたことにより、偽物のポップアップ画面が表示された可能性があります。
当行のBiz-Jダイレクトでは、全ての入力画面について、アドレスの頭が「https://www.b2b.jurokubank.chance.co.jp/」となっています。ご利用時には必ずご確認いただきますようお願いいたします。

不特定多数の方が使用するパソコンの利用について

インターネットカフェや宿泊先等、不特定多数の方が利用するパソコンからインターネットバンキングを利用しないでください。

お客さまの重要情報を不正に取得するソフト等が仕掛けられている危険性があります。

金融機関などを装った電子メールについて

心当たりのない電子メールからリンクされたホームページでは、暗証番号等のお客さまの重要な情報を入力しないようご注意ください。

銀行やクレジットカード会社などを装った電子メールから偽のホームページへ誘導し、パスワード等のお客さまの重要な情報を取得し、金銭を盗み出される恐れがあります。

ファイル交換ソフトについて

インターネットバンキングを利用するパソコンでは、ファイル交換ソフト(Winny、share、ライムワイヤなど)を利用しないでください。

ファイル交換ソフトの機能を悪用して、パソコン内の重要な情報が流出する恐れがあります。既にインストール済のお客さまは、削除いただくことをおすすめします。

金融機関を偽装して郵送されるCD-ROMについて

インターネットバンキングをご利用のお客さまにCD-ROMでソフトウェアを配布することは一切ありません。万一郵送されたとしても、絶対にインストールしないようにしてください。

金融機関を装って不正なCD-ROMを郵送し、ご利用のパソコンへ不正にパスワードを取得するソフト等を仕掛けられる危険性があります。

残高・取引明細の定期的な確認について

口座の残高・取引明細について不審な取引がないか定期的にご確認ください。

前回のご利用日時の確認について

ログイン後、第三者による不正アクセスがないかご確認ください。

ご利用状況を以下のとおりトップ画面に表示します。

<画面イメージ>